個展 | Still Remained


– 展覧会コンセプト –

​今回の展覧会は、視覚による認識の本質・美術の在り方 / 見方を再考する事がテーマです。​

メディアを介し伝達される刹那的なイメージ / 情報を破壊し美術品へと再構築することで、SNS をはじめとするメディアの敏捷さ、内容の質・真偽を確かめぬまま情報を享受してしまう現代人の惰性を指摘します。

​「認識と記憶のフックの在処を探る手段として、またそれらを再考する手がかりとして美術・展示はどこまで有用なのか。」ディスプレイ越しで簡易に擬似体験 / 展示鑑賞を出来てしまう現代に、このような問題意識を抱えながら

鑑賞者の記憶に『Still remained / それでもなお残る』作品と展示を提供出来ればと思います。

栗棟美里 個展『Still Remained』 2018.9.14(金) - 2018.10.13(土)

オープニングパーティー: 9.15 土 | 17 : 00 -

オープン : 火 - 土 | 12:00 - 19:00 クローズ : 日, 月, 祝日

会場:TEZUKAYAMA GALLERY 大阪府大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F URL:http://tezukayama-g.com/exhibition/still-remained/ [トークイベント] 2018.9.14(土) 15:00 - モデレーター:パヴェウ・パフチャレク スピーカー:栗棟美里, ルシア・タロバ *入場無料

​[PRESS RELEASE