グループ展 | Photo Exhibition – ひと


グループ展『Photo Exhibition – ひと』

栗棟美里 / 髙倉大輔 / ノモトヒロヒト 2022.3.25(金) - 2022.4.23(土)

オープン : 火 - 土 | 12:00 - 19:00 クローズ : 日, 月, 祝日

会場:TEZUKAYAMA GALLERY 大阪府大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F URL:https://www.tezukayama-g.com/exhibition/photo-exhibition-hito

この度、TEZUKAYAMA GALLERYでは写真展「ひと」を開催いたします。

写真はその歴史とともに常にその時代を写し続けてきました。その中でも人は常にその被写体であり続けてきました。写真家 たちは人の写真を撮ることで何を表現していたのか? 記録のための写真であるのか、それ以上の意味が含まれているのか。

それはある意味で、その時々に作品と対峙する鑑賞者に委ねられているのではないかと考えます。

本展では弊廊所属作家の3名の作品をコレクション作品と共に展示します。

1988年生まれの栗棟は昨年に行われた個展にてレンチキュラーレンズを用いた新シリーズを発表。同シリーズの作品で京都府新鋭選抜展・産経新聞社賞を受賞しています。美 ・存在・時間・生命をテーマに鋭い目線で作品と向き合う栗棟の過去作品を展示いたします。

高倉大輔は1980年生まれ。演劇、 写真、デザインというバックグラウンドを持つ高倉は、一人芝居をテーマにした”monodramatic”をシリーズとして発表しています。昨年には東京都渋谷区の開発地区の仮囲いにて行われている渋谷2丁目プロジェクトにて新作を発表。同じシリーズでも、時代とともに移り変わるその作品は鑑賞者にとって一人ずつ違う体験となるでしょう。

1971年生まれのノモトヒロヒトは昨年、写真新世紀にて佳作を受賞。過去には数々の国際写真展で入賞経験を持つ実力派が”ヤレ”と呼ばれる報道写真で採用されなかった写真というテーマのもと、報道写真の裏側を記録した作品を発表しました。本展で展示するシリーズ、”into the silent land”は、日常風景や人物を写しながらも異次元を思わせるような作品となります。ドキュメンタリー写真の視点を孕む作品には、鑑賞者にダイレクトに伝わるでしょう。

コレクションからは荒木経惟、クリストファーマコス、澤田知子、ナットフィルケンシュタイン、細江英公らの作品を展示予定。彼らの撮る”ひと”は栗棟、高倉、ノモトらの作品と並ぶ時、どのように鑑賞者の目に写るのでしょうか。和田直祐の初個展「Pathway」とともに、是非ご高覧くださいませ。

​[PRESS RELEASE