/

/

/

/

/

/

/

私は" 影のわずらい"を通して、 人間が高尚な精神と世俗的な精神の両方を持っていることを表現します。まず、モデルには逞しい肉体が必要です。それは人間の生命力を表しています。次にモデルには豊かな感受性と身体表現が必要です。それは人間の複雑な精神を表しています。白い衣装は日本の僧侶の法衣から着想を得ており、黒い手は日本で悪事を行うことに「手を染める」と言う言葉があり、そこから着想を得ています。

 

私はモデルとのコミュニケーションを通して常識や慣習についての考察を行います。人は土地と環境の文化的側面と物の文脈によって人格と価値を形成し、同時にそれらに支配されていることを指摘します。

影のわずらい

2015

Photography / lambda print | 80×74cm

影のわずらい

2015

Photography / lambda print | 80×74cm

影のわずらい

2015

Photography / lambda print | 80×74cm

影のわずらい#3

2014

Photography / ink-jet print | 80×74cm

PHOTO: Tomas Svab